NPO Doors

社会的インパクト・マネジメント研修【基礎コース】2020年10月開催 オンライン

社会課題を解決してより良い社会を創るために、多くの公益組織が活動を展開しています。
非営利組織、NPO、社団法人、市民団体、財団、企業、中間支援団体など、多様な方が連携を図りながら、取り組みを進めています。
社会に資する活動を支えるための手法が、2018年に社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブより「社会的インパクト・マネジメント」として体系化され、ガイドランが発表されました。

このガイドラインでは、非営利などの団体が行う事業のステージを大きく4つに分け、事業の進め方を提示しています。
➀事業を構想し、対象者を定め、事業のゴールを設定する。(計画ステージ)
②対象者へサービスを届け、成果を生み出す。(実施ステージ)
③生み出した成果を把握し、事業を振り返る。(効果の把握ステージ)
④成果を報告し、コミュニケーションを図り、次へと活かしていく。(報告・活用ステージ)

ガイドラインに提示されたツールや考え方を参照しながら事業を行うことで、より円滑に事業が進み、より大きな「社会的インパクト」を生み出すことができます。

本研修では、ガイドラインに基づき、事業のステージとツールの使い方をご紹介します。
活動の現場で活用できるツールやフレームを学ぶことで、団体の本部・スタッフだけでなく、事業の対象者やステークホルダー、そして資金を提供する財団と円滑にコミュニケーションを図り、共に社会的インパクトを創出することができるようになっていきます。

本研修は、これまでに2019年1月より8回開催され、合計100名を超える方が受講しています。

10月はオンライン開催となります。3日間に分けてワークと宿題を挟みながら実施することで、今までの対面研修と同じ学びをご提供します。

この機会にぜひご参加ください!

2020年7月開催時の集合写真
2020年10月開催のナビゲーター(講師)

開催日 2020年10月2日
開催時間 ■日時(3時間 ×3日間) Day1:10月 2日(金)14:00〜17:00 Day2:10月 6日(火)14:00〜17:00 Day3:10月 8日(木)14:00〜17:00 ※3日間のご参加が難しい方は、録画にて学んでいただくことができます。 ※各回、課題を出します。手を動かして学びを深めていただきます。
会場 オンライン
対象 ■こんな方にオススメ! ・社会的インパクトを生み出したい方 ・社会的インパクト評価を学びたい方 ・社会課題の解決を図りたい方 ・非営利活動の方法論を体系的に学びたい方 ・NPOの経営者・マネジャー・現場スタッフ、財団のプログラムオフィサー、中間支援・伴走支援者、ファンドレイザー、社会的インパクト投資家の方など
持ち帰れる成果 ・事業を構築するための考え方・フレームワーク(関係者分析、課題の構造化、介入戦略の立案、対象者ジャーニーマップ、ロジックモデル、指標とゴール設定) ・事業を実施し、モニタリングし、成果を把握するための考え方 ・社会的インパクトをマネジメントするための考え方 ・社会的インパクト評価を現場が主体となって実践する方法
参加費 30000 円
参加費備考
スケジュール 3回に分けて以下を学びます。 時間は、14:00~17:00(3時間)の間に、適宜休憩を入れていきます。 ■基礎コース研修概要 ・社会的インパクト・マネジメント概要 ・第1ステージ:計画   (1)情報収集・リサーチ:現状を把握する   (2)課題の特定と目的設定:課題を取り巻くシステムを理解する   (3)計画策定:事業を進める活動を計画する ・第2ステージ:実行- 事業の実施とモニタリング ・第3ステージ:効果の把握- 社会的インパクトの把握と検証 ・第4ステージ:報告・発信-ステークホルダー・コミュニケーション ・要素:組織文化・ガバナンス ※ケース事例を用いて、ツールの使い方をワーク形式にて学びます。
講師・登壇者 ◆浅井 美絵 フリーランスファンドレイザー/トレーナー 国際交流NGOピースボートでの職員経験後、一般企業において人材マネージメント、組織内における業務プロセス管理等のキャリアを経る。非営利組織の経営的な課題解決に挑戦するためNPO業界へ戻り、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウにて実務マネージメントとファンドレイジングを担当する。ファンドレイジングの重要性と可能性を感じ、2015年2月よりフリーランスとして独立。NPO等の組織運営・ファンドレイジングアドバイス、人材育成トレーニングを行う。 ◆鎌田 淳 コネクティブ合同会社・代表 事業デザイナー/准認定ファンドレイザー 筑波大学卒業。民間企業にて、営業企画、マーケティング、法人営業、事業統括、営業推進に従事し、2014年よりNPOにて企業渉外、ファンドレイジング、協働プログラムの企画・運営、就労支援事業の統括責任者を担当。民間企業向け事業コンサルティング、NPO向けファンドレイジング支援・人材育成・コンサルティングを主に行う「コネクティブ合同会社」を2017年3月に設立。

◆土岐 三輪 一般社団法人インパクト・マネジメント・ラボ アソシエイト ITコンサルタント、環境・CSRコンサルタントとして勤務。NPOにて東日本大震災の被災地における経済復興支援事業に1年半、バングラデシュの農村における女性の収入創出事業に3年間従事。社会的インパクト投資NPO、社会起業家支援NPOを経て、2019年6月よりソーシャルフリーランス。社会的インパクト・マネジメントを軸に、SDGsコンサルタント、ソーシャル分野の事業開発を手掛ける。
定員 20名
備考 ■参加者の声より抜粋 ・マネジメントプロセスにおいて体系立てられているエリアと、(指標に関するエビデンスの蓄積等)発展途上のエリアの濃淡を改めて認識できた。 ・講師の説明や紹介いただいた事例は参考になり、様々な分野の方々と交流しながら事業設計に取り組むワークがとても勉強になりました。 ・充実したINPUTに加えて、適切にワークが配分されており、頭をハードワークさせることができました。 ・今回、この研修に参加できることができ、スタッフや他の参加者の皆様と出会えて、大変学びの多い2日間となりました。今後も、このテーマの知識を深め、実践していきたいと考えておりますので、また皆様のお知恵をお借りできればと考えております。よろしくお願い致します。 ・第一線で活躍してきたみなさまの生の声が、自団体の活動の外に視野を広げて行くことにつながりました。 どうしても現場しか見えなくなる中で、もっと大きな流れを俯瞰しての方向性をお伝えいただく機会はとても貴重です。 また、他のセクターと接点が持てることも、とても良い気づきにつながりました。ありがとうございました。 ・講義時間と実践ワーク時間のバランスがとても良かったと感じる。 何より、研修を実施されている背景やご担当のみなさんの想いからご説明をいただけたことがよかったです。社会的インパクト・マネジメントが体現されたものとはこういうことかと受け止めることができました。 ・これまでぼんやり思っていたこと、整理の言葉ややり方を知らなかったことに対して的確な用語や分かりやすい整理軸を多く提示していただきました。とても良かったです。
申込みはこちら

申込先ページリンク
https://peatix.com/event/1620529/